--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.30 18:03|無垢家具
やっと、やっと、本当にやっと

私達のチェアーが出来上がりました。



IMG_e0502.jpg



父にチェアーの作製をお願いしてから

何度手直ししてくれた事でしょうか。


並べてみても気がつかれない程の小さな変更を

黙々と叶えてくれました。



IMG_e0507.jpg



背もたれ部分の「曲げ木」は、

通常、高温の蒸気をあてて作ります。


小さな工房にその高額な投資は出来ないにしても

儲けにもならない私の願いを叶える為、

工法は少し違いますが、新たに機械まで購入してくれたのです。



IMG_e0508.jpg



ゆったりとしたアールを描いたチェアー。


座面の曲線も、体に難なく沿い、

小さな肘掛もダイニングチェアーとは思えないゆとりです。


IMG_e0496.jpg



カラーは4色を塗り分けました。


右からウォルナット・ホワイト・ローズウッド。

その他にカフェオレがあります。


バラバラのカラーなのに、驚くほどテーブルに馴染みます。


背面部分には銅の鋲を打ってアクセント。



IMG_e0497.jpg



これはお好みで有り無しを選ぶ事ができます。




IMG_e0510.jpg


見えない座面下だって

壊れることを知らないしっかりとした、

なおかつ、美しい仕上がり。

これが日本人の気質の現れなのです。



IMG_e0500.jpg


男性がゆったりと座るのに最適なアーム部分。

食事をするには肘があたって案外じゃまにもなるのですが、

背もたれから背中を離すと

肘があたらない絶妙な高さを実現。


なおかつ、アーム部分が

テーブル下に入って場所を取りません。



長年探しても見つからなかった椅子。


折りたたみでカバーし続けたチェアーが

やっと私の前に現れたようです。


毎日のように腰かけて

その座り心地の良さに時間が止まります。




IMG_e0509.jpg



この椅子を眺めていると

結婚式で、両親宛の手紙を呼んでいる時の

うなだれた父の

妙に小さく映った背中を思い出します。


職人気質の、人の言う事など

聞くような人ではなかった父。


今、こうして同じ道を歩んでいることに

不思議な感覚が体を包みます。


今もケンカばかりしているけれど、

やはり感謝の一言しかないのかもしれません。





今日もご訪問して下さって

ありがとうございました。


br_decobanner_20110518035342.gif

スポンサーサイト
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

spoon ride

Author:spoon ride
いつかはspoonに乗せてもらう事を夢見る無垢家具web shopの小さなオーナーです。

物は少なくても豊かな暮らしを目指して。
子供に受け継いでゆける無垢の家具作りを、父と弟の三人四脚で進退を繰り返し頑張っています。

ご来店はリンク先
★★One story house★★
へどうぞ・・・

**コメント欄への書き込みで不適切な訪問者がいらっしゃる場合はこちらの判断により削除・拒否させて頂きますのでご了承下さいませ**

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。