スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木質ペレットと森林保全

2011.10.12 17:39|shop
IMG_f0527.jpg



今日の高知はせっかく片付けた夏服を

またもや引っ張り出すほど暑い日となりました。


しかし、やはり日差しは確実に秋を刻み、

おうちショップの

透かしレースのカーテンから延びる影も

どことなく寂しげな顔を覗かせています。


風に揺れるたびに

波がうねるように大きくなり

また小さくなって

まるで海原を漂う小舟のようです。






さて、先日新聞で知って気になっていた記事を

高知県森林振興部が発行している情報誌で見つけました。


高知県でも山間部に位置する

梼原町(ゆすはらちょう)の「木質ペレット」の取り組みです。



IMG_f0525.jpg



古き時代には流刑地でもあった高知県の森林率は

日本一とも言われる84%。

その中でも、この梼原町は町の面積の91%を誇ります。



間伐材の問題は日本全土の問題ではありますが、

ここ高知も例にはもれていません。


森を、山を育てる為には間伐が不可欠ではありますが、

利用価値が少ないこの材料を

再生可能な「木質ペレット」に活用し、

森林保全やエネルギーの自給率を高めようと

2008年4月から稼働を始めた「ゆすはらペレット株式会社」。




IMG_f0526.jpg




以前、薪ストーブの導入を考えていたこともあり、

ペレットストーブに興味が湧いて

早速調べてみました。



やはり商品にはピンキリがあって、

国産でも安い物は5万円代から、高い欧州ものならば100万位。

それでも薪ストーブと同じで、煙突工事が必要ですから

床の補強工事を入れるとかなり高額に。




工房で出る端材があるのに、

わざわざペレットを購入しなくてもよさそうなものですが、

ヤニの多い針葉樹をそのまま焼くと

薪ストーブには負担がかかるようです。




我が家の今の経済力ではちょっと難しいのですが、

視野に入れておきたいな。



「消費拡大することにより、価格を下げ、

家庭での利用を増やしていければ今後の課題です」


と、製造担当の中越さん。




補助の多い太陽光発電が大流行りのようですが、

一見クリーンなこのシステムにもからくりががあるようですね。



身近な捨てられかけた資源に目を向けていかずに

未来はあるのかは疑問です。



今度時間を作って、

このペレット工場に行ってみようと思います。



きっと公には出ないことが見えてくるのでは・・・


br_decobanner_20110518035342.gif

スポンサーサイト

コメント

梼原町

spoon rideさん、こんばんは^^

梼原町の前町長さんの活躍は色んなところから知り及び
ことエネルギー自給に関しては、素晴らしい実績を挙げて
おられるのでは?と思っています。坂元龍一さんもてこ入れ
していましたが。

spoon rideさんが、考えていらっしゃることはとても大事な
問題ですから視察の記事が楽しみです。ロケットストーブ
も魅力的な原理です。

足元をしっかり見詰めている・・・・素敵です^^

はなさかすーさんへ

すーさん、こんにちは!
環境問題にはとりわけ敏感なすーさんのことですから、こうしてコメント下さる事がとても嬉しいです。

梼原町には四国カルストという、標高1300メートルの海底隆起したカルスト高原があります。
そこに風車を2基建設しています。年間3500万円を超える買電収益があるようですが、これを地産地消クリーンエネルギーの導入に充てようとしています。
5000人足らずの小さな町で、おまけに高齢化が非常に進んだ地域ですから課題も多いですが、こうした取り組みが、後の必ず来るだろう汚染問題に歯止めをかけてくれる事を期待しています。
それは自分達も積極的に参加していかなくては意味がありませんから、どこから手を付けていくか考えなくてはいけませんね。
それにしても坂本龍一さんがてこいれしてたなんて知りませんでした。環境問題については彼の名前をよく耳にしていましたが・・・。さすがですね!お恥ずかしいです。

梼原町には片道2時間以上かかってしまうので、日程の調整をしないとなかなか行けませんし、閉山してしまうので早くしないとです。

No title

こんばんわ
岩手でもペレットストーブには力を入れてるようです。
うちはアパート住まいで導入出来はしないですけど、友人が使っています。
薪ストーブといっしょで、ある程度のペレット置き場が必要だけど、
薪割りの労力と時間が省けるのが有り難いと・・
その前は薪ストーブだからの感想を聞きました。
時々ペレットがストーブに落ちる音が、可愛いな~と思いました。
以前はアメリカ製の薪ストーブ一台での生活をしてましたが、年月が経つ程に
木を斬ることに切なさを感じました。間伐材ならそう言う事も無いのかな・・
ストーブが無ければ凍える北国で、どういう暮らしがいいのか、考えるきっかけを
いただきました。答えはあるのかなぁ~・・
レポート報告を待ってます・・あ・プレッシャーにしないでね・・

クーママさんへ

クーママさん、コメントありがとうございます。

私の祖母が住む里山では、今でも炭と薪の生活をしています。
炭を焼いていた祖父は10年以上前に亡くなり、今では農協から購入です。
薪割りも86歳を迎えた祖母には無理ですから、どちらかと言うと薪拾いですね。高齢になると結局は電気が便利ということになります。
原発は私も反対ですが、電気が悪者であるとは思っていません。
むしろ、上手に使う事ができれば、快適でクリーンなエネルギーだと思います。
ただ、今の人間の生活を全て電気でまかなうとなると、便利を通り越して、不必要なエネルギーまで使う事になるのではないでしょうか。
祖母は電気の生活も知っていますが、やはり火がある家の方が好きなようです。ですから、自分の体が動くうちはできるだけ自然のものを使ってエネルギーを起こそうとしています。
東北の厳しい寒さを私は知らずに生きてきましたから、あまり偉そうには言えないのですが・・・。
老後を、テレビを見て、一日中こたつに入って過ごすのは、あまりにもったいないではないでしょうか。
答えはあっても、それが正解になるかどうかは分かりません。
それでも人が生きるって、そんなシンプルなことの繰り返しですものね。

頑張ってレポート行ってきますね。
は~、言ったもののプレッシャーだ~^^
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

spoon ride

Author:spoon ride
いつかはspoonに乗せてもらう事を夢見る無垢家具web shopの小さなオーナーです。

物は少なくても豊かな暮らしを目指して。
子供に受け継いでゆける無垢の家具作りを、父と弟の三人四脚で進退を繰り返し頑張っています。

ご来店はリンク先
★★One story house★★
へどうぞ・・・

**コメント欄への書き込みで不適切な訪問者がいらっしゃる場合はこちらの判断により削除・拒否させて頂きますのでご了承下さいませ**

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。