スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6ドロワーズチェスト

2012.01.13 11:34|無垢家具
出来上がってから、随分と日数が経ちますが

しっくりとショップに馴染んできた

6杯のドロワーが収納力抜群のチェストをご紹介します。



IMG_g0603.jpg




前面から見ると直線的なこのチェストですが、

実はたくさんの曲線からできています。



まったくしつこい位ですが

子供のいる家庭内の事故の多くが家具などによるもので、


その危険性を十分承知している私達は

それらの可能性のある個所は『深い面取り』、

あるいは『飾り面』を施しています。


今回のチェストと、次回にご紹介するカフェテーブルは

その典型的な形。





IMG_g0614.jpg





前面は深くアールを取りつつ

シャープな面も崩しません。




IMG_g0620.jpg




ターンレッグもカーブを抑え

あえて直線を意識しながら調整しました。


10センチの立ち上がりは掃除しやすさを考えて。


私達はほとんどの家具に標準で必ず足をつけて

隠れたほこりから解放しようと取り組んでいます。



IMG_g0612.jpg




引き出しの底板は職人魂の証。

一枚一枚組んでいきます。



IMG_g0611.jpg



目の詰まったアリ組。




IMG_g0624.jpg



昨今の中国での金属需要で高騰している

真ちゅう台座付きのガラスつまみ。


ダイヤカットの中心は星のきらめき。



IMG_g0615.jpg




W100cm×H120cm×D45cm



IMG_g0617.jpg



引き出しと同様、

一枚一枚神経が行き届いた背面の美しさ。



IMG_g0625.jpg




今回は甘めに仕上げた為、ホワイトで塗装しましたが、

ウォルナット色で塗装し、ツマミをアイアン等で仕上げると

十分男の子でも対応できるデザインです。





ジョブズ氏は言いました。


「家具職人が、いいタンスを作ろうと思ったら、

 裏をベニヤにしたりはしない。

 壁に向いてて誰にも見えなくてもね。

 そこに板があるのは自分が知ってる。

 だからいい素材を使うんだ。

 夜、ぐっすりと眠りたければ、

 美しさや品質に徹底的にこだわらないと。」



私達がそうだと思い実行すれば

いつかは使って下さる方達も共感してくれる日もくるだろう。


後ろめたさがあるなら

夜ぐっすりとは眠れない。


私はぐっすりと眠る方がいい。










四国内にある伊方原発の全基停止。

原子力に頼らずとも他のいくつもの方法で電力はまかなえる。


リンクさせて頂いている彼岸花さんの『どくだみ荘日乗』⇒⇒⇒

『不幸の均霑プロパガンダ』に寄せての記事、

覗いてみて下さい。


私達が何に囚われの身になっているのか

わかるかもしれません。



人気ブログランキング

今日もポチありがとうございます❤

スポンサーサイト

コメント

美しい背面

こんばんは。
良く考え込まれた家具ですね。
背面もとっても美しいです!

使う人のことを思いやったお仕事ぶりにいつもすごいなあ、、とため息がでます。清潔で美しいデザインの家具ですね!こんな美しい家具をおけるお宅はどんなに手入れのしがいのある素敵なおうちだろうと想像しています♡

No title

キレイに木の目が揃った素敵なチェスト!
職人さんとデザインしたspoon rideさんの「こだわり」が見てとれますね。
無垢家具の良さは木の目がまるで装飾されたように見えるところ。
私は園の床板をたまに見ているんだけど
どれも一つとして同じ年輪はないんですよね。
1枚1枚がまるで一つの「柄」みたいになっていて
あ~この木は樹齢がどれほどの木だったんだろう
どこでどんな風に育った木なんだろうって思ってしまう。
だから温かみがあるんですよね。

青森は知事が原発推進派で
東通原発、建設途中の大間原発
そして六ヶ所村再処理工場があります。
町村も再開を望んでいると言う…
自分たちの利益しか考えないこの人たちには何を言っても無駄ですが
何かあった時に青森県や近県に対する責任は
この人たちには取れるのか?と聞きたい。
誘致したと言うことはそれだけの覚悟は持つべき。
持てないなら廃止すべき。
福島を見ても何も感じないようならハッキリ言ってバカとしか言いようがない。
100%安全なんてこの世の中にはどこにもない。
人間、所詮自然には勝てないんだから。
人間が作り出したものなんて完全じゃないし自然の力は甘いもんじゃない。
いい加減にわかれよって感じ。
同じ県人なのに情ないです…。



No title

なんて、美しい!!!
家具は、触って使うときだけのものではないですもんね
じっと、そこに いつも在る

優しくて、美しい家具を 
何度もスクロールさせて、見入ってしまいました☆

yokoblueplanetさんへ

いつもいつもコメントありがとうございます!
背面のこだわりは、これからもずっと切れることなく続けていきたいと思っています。
隠れた場所をきちんと作り込んでいけば、その作り手の顔が見えてきます。
少しの説明は必要ですが、本当にその人にとっていい物とは、使い手が決めるものですよね。
私達はその手助けをするだけです。
こうして嬉しいコメントいただくと更にユーザーさんの顔を想像しながら作っていけます!

yokoblueplanetさんも正月前後は大変でしたね。その後の経過はどうでしょうか。
コメントは控えていましたが心配です・・・。

NOEさんへ

こんにちは!いつもコメントありがとうございます❤
そう言っていただけると本当に嬉しいです。
自分が作りたい家具でも、使い勝手がわるければ意味がなくなるので、そのデザインを切り捨てることも度々です。

> こんな美しい家具をおけるお宅はどんなに手入れのしがいのある素敵なおうちだろうと想像しています♡

いやいや~、この写真を撮ったのは築40年以上の平屋です。それが自然と馴染んでいるので、以外と箱ではないのでは?無垢家具を集めているお家は色々見てきましたが、借家にせよ、マンションにせよ、ハウスメーカーの家にせよ、取り入れ方ひとつで別世界になります。
だから無垢家具を知ると他のものは買えなくなってしまうのかもしれませんね。
お互いにモノヅクリはやりがいのある仕事です。

えぐさんへ

雪かきが大変なのにコメント嬉しいです!ありがとうございます!!

そうそう、木目って落ち着きますよね。
おまけにウレタン塗装していない家具は、引き出しを開ける度、扉を開く度にやさしい木の香りがしますから、家にいながら森林浴気分になります。
この香りが届けられないのが残念!!えぐさんならきっと好きになってくれることでしょうね。

青森の冬の状態を見ると、出稼ぎに出なくてはならないことがよく分かります。
高知も貧乏県で「不幸せな県」ワースト2位ですが、冬だって働くことができますし、作物も作れます。
青森県も切迫した財政にわらをも掴みたい状況でしょうが、世の中取り返しがつく事とつかない事がありますよね。間違った選択は県民、強いては国民の破滅を招くような気がしてなりません。
やっぱり世の中お金なのかな・・・とがっかりしてしまいます。


Lily姫さんへ

こんにちは!
お褒めいただきありがとうございます❤
長女の部屋にも似たデザインのチェストを置きましたが、何年も経つのにちょっと目に入るだけで癒されます。本当に気にいった物は大事にする心も育てますし、子供にもったいないとおっしゃる方もおられますが、私は子供だからこそ、その概念を育てるべきだと考えます。
貼りものの家具よりは少しお値段は張りますが、持ってからの満足感はそれ以上の値打ちがあるように思います。私も子供達も無垢材以外の家具はもう持てないでしょうね。

何度もスクロール、ありがとうございます^^

No title

spoon ride さん。
私のブログを、こうしてご紹介くださり、ありがとうございます。
嬉しくて、頬を染めてしまいます!^^

本当に、細部の細部まで、こころをこめて作りあげられた家具。
一生の、いや、孫子の代まで伝えられるものですね。
無垢の木の香り。私大好きです。
底板って、手抜きが多いんですよね。
我が家の家具は、とてもぺらぺらの合板とかが使ってあったりする
ものばかりです。だから、重い絵の具や紙類とか入れていると、
長い間にたわんでいたりする。(ひどい家具使ってますね!笑)

そして、おっしゃるように、背面まで気を使って手を抜かない。
そんな家具も案外少ないものだと思います。

こんな美しい、生涯の友となりそうな家具を少なく置いて、
こういうふうに美しくすみこなしたいものだと思いますが。

昨日はね、『脱原発世界会議』というものに行ってきました。
そこで、福島の若者と少し話をし、また少し考えこんでいます。
原発は是非全部止めてしまいたい。四国はこれからが頑張りどころですね。
点検を終えたら、さあ!稼働!となるのを許すのか、止められるか…。
ただ、福島に関しては、外部のものがあれこれ言いにくいものを
昨日もやはり感じてしまいました。
それについて、また率直に書いてみたいと思っています。

spoon ride さん。ほんとにありがとうございます。^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

彼岸花さんへ

こんにちは!
嬉しいコメント本当にありがとうございます。

家電や車、はたまた家までもかなり短いサイクルで捨てられていきますが、なぜか家具に関してはなかなか捨てられない。それが嫁入り道具だったりすればなおさらです。
不思議なものだなと思いますが、それが室内にあり、腐ったり壊れたりしないことも一因かもしれません。
だからこそ、壊れない、ゴミにならない、自然に還るを信念に作り続けていこうと思っています。
質のいい調度品が少しだけあって、物が少ない方が快適に暮らせるものですね。

彼岸花さんのように、自問自答しながらも、他方に問いかけをしていくことは素晴らしいと思っています。
それに比べて私はまだまだ勉強不足です。、私も少しでも動けたら・・・。
福島の方達の苦しみを代わる事はできないですが、色んな方に知識や情報を頂きながら、悲しみの渦中の方達が少しでも前に進めるよう、何か手助けができないだろうかといつも考えています。
また無知な私達に教えて下さいね。
非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

spoon ride

Author:spoon ride
いつかはspoonに乗せてもらう事を夢見る無垢家具web shopの小さなオーナーです。

物は少なくても豊かな暮らしを目指して。
子供に受け継いでゆける無垢の家具作りを、父と弟の三人四脚で進退を繰り返し頑張っています。

ご来店はリンク先
★★One story house★★
へどうぞ・・・

**コメント欄への書き込みで不適切な訪問者がいらっしゃる場合はこちらの判断により削除・拒否させて頂きますのでご了承下さいませ**

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。