スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしの学童へ

2012.04.03 11:49|無垢家具
3月の春風が吹く暖かい日曜日。


長女が通った小学校の学童クラブに

ローテーブルの納品がありました。



IMG_0393.jpg




土曜、日曜と新入生を迎え入れる為に

準備にいそしむ指導員の先生方。


長女もこの学童クラブで4年生までお世話になり

私も会計の担当をしていたこともあって

指導員の先生とは何でも言える仲となりました。


しばらくは交流がない状態が続いていましたが

「折りたたみの座卓を変えたいけれど、思ったものがない。

オーダーしたらどれくらいで出来る?」

と依頼を受けました。



そりゃお世話になったところですから頑張らなきゃと

話しはとんとん拍子で進み

結局は6台をオーダーしてくれました。



IMG_0391.jpg




天板は鉛筆の汚れも取れるようにと

メラミン化粧板になりましたが、

その他はパインでがっちりと仕上げました。



テーブルの上に乗って飛び跳ねたりする

元気な一年生にも対応するよう

天板の厚みは7センチを超えました。



角はアールを取って、滑って転んでも

大けがをしないようになっています。




日曜日はオイル塗装の私の出番。



W1800ミリのテーブルを

さすがに一人ではひっくり返せないので

先生~と何度もお手伝いを頼みながら

ひたすら塗って拭きあげてを繰り返し、

顔をむくませながらもなんとか完成。



自然オイルのふわ~と優しい香りが広がって

よりナチュラルな空間が出来上がりました。



先生達が喜んで下さる姿を見ながら

自分達の仕事の喜びも

同時に噛みしめる日々…



↓↓いつもポチありがとうございます。

人気ブログランキング

スポンサーサイト

コメント

さすが!

こんばんは。
さすが!って思いました。角が取れてる!!

幸せな子どもたち

spoon rideさん、こんばんは^^

木製の大きなテーブル、子どもたちは幸せですね。
木のぬくもりを味わいながら、成長していくことが
目に浮かぶようです。spoon rideさんの信頼の証
ですね。自然オイルだから、なめても大丈夫?

喜びも一塩でしょうけど、作り手も使い手も笑顔になる
いい形ですね。春らしい爽やかなお話でした^^

No title

学童でこんなテーブルを使ってるなんて
日本中を探しても無いのでは・・
すごいですね!
作り手の思い、子供達は大人になって気が付くかもしれないけど、
その時きっと、鳥肌が立つ子がきっといますよ^^

はなさかすーさんへ

すーさん、いつもコメントありがとうございます。
少しずつでも暖かくなってきましたから、腰痛はどうですか?

そうそう、自然オイルですから舐めても大丈夫。一番下が一年生ですから舐めることはないでしょうけど^^
時々、用途の都合でどうしてもシンナー系の塗装が必要になることがありますが、作業中にも具合が悪くなります。傷が付きにくいなど便利な面があるでしょうが、自分の子供達にはそういった塗装はやはり避けたいですね。少しずつではありますが、その思いに気づいてくれる人達が表れています。
私は一人ずつ訴えていくしかありません。頑張りますね!
思いはひとつ。

yokoblueplanetさんへ

いつもいつも気遣って頂いて感謝感謝です。
よくある宴会用の折りたたみ座卓は角が鋭利で、100人近く在籍している子供達が危険なこともしばしば。
やはり命を預かる方としては冷や冷やの連続だったそうです。
角をアール加工するだけでも特注扱いになり、既製品でもかなり高価だったそうで、出来上がった時にはとてもとても喜んで下さいました。
たくさん傷も付くでしょうが、自然とはそういったものだと学んでくれればいいなと思います。
ありがとうございました!

クウーママさんへ

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます!

うーん、そうかも…。
金額的にはかなりギリギリでしたから、他の業者さんでは多分無理だったでしょうね^^
でも小さいうちから本物に触れていくことは大事だと思いますから、結果、私たちの思いも納品させてもらったと言う所でしょうか。
大人になって気が付いてくれたか私たちは本当に幸せ!!
気持ちのいいコメントありがとう!!

いい感じ

天板7センチを超えましたか。
いいものが入ると、空間が変わりますねー。

すごくいい感じです。
子供達が飛んでも跳ねても、どんと受け止めて、
うたた寝する子も、やさしく受け止めて、
三時のおやつの時間にも、
嫌いな宿題に向かう時も
きっと受け止めて、そこにある机。

子供達と共に、艶をまし、思い出を刻み込んでいく机。
いいですね。
spoonさん、スタッフみなさんの愛情が込められた机。
素敵ですね。
心って宿っていそうな机ですね。

「いいっ!」

こんにちは。
いいですね~「いいっ!」
本当にいいものっていいですね。
幸せな空間が広がっています。

これからも体に気をつけて頑張って下さいね。
おか~やんでした。

さおるさんへ

こんにちは!コメント嬉しいです。
さおる節がまた何ともす~っと入ってきて、とてもラグジュアリー。

父や弟が形にしてくれ、それを私が手作業でオイル塗装する。
だから二度と同じものは出来ない。だからいいんですよね。
魂を入れる…なんて恐ろしいものではないですが、作り手から使う側のつなぎ役とでも言ったところでしょうか。
バトンタッチが終わったら、これからは子供達が完成させる番です。
本来は物ってそういった役割があったように思います。

今日は少し肌寒い春風で、桜が雪のようです。

おか~やんへ

こんにちは。コメントありがとうございます。
最近仕事以外の用事が多くて、きなりさんところにもジックリとお邪魔できてません。ごめんなさい。

きなりさんのお家も、温もりある手作りの品々に囲まれていますから、写真を通してその質感が伝わっているようですね。も~香りもお届け出来たらいいのに!!

机が出来上がって並べた時には、勝手に満足していました^^
プレハブがプレハブではなくなったみたいで、家具一つでこんなに空間が変わるなんて、分かってはいても驚きです。
体調を気遣って下さってありがとうございます❤

No title

こんばんは。はじめまして。
先ほどはコメントありがとうございました。
リンクまで頂いてたなんて、嬉しいです。
ありがとうございます。

お店のHPも拝見させて頂きました。
私も建築関係の仕事をしているので、
その関係でファニチャーに触れる機会が多いのですが、
どれも想いがこもったぬくもりを感じるものばかりでした。
せっかく頂いたご縁ですので、
私もリンク頂いて帰ります。
これからもよろしくお願いします。

No title

私が子供の頃のヤンチャ度120%でも

テ-ブルはびくともしない感じですね。

適材適所ですね。

あね☆もねさんへ

早々のご訪問、ご連絡ありがとうございました。
一度訪問させて頂いてから大ファンになり、訪問させて頂くのが楽しみになっています。
リンクの件もありがとうございます。

建築関係のお仕事をされているのですね。
父と弟の仕事ぶりにはいつも感心しておりますが、私は好きが高じただけの独学の人ですから、専門の方が見れば笑われてしまいそうです。デザインと言うよりは、ユーザーさんがどんな家具が欲しいのかにいかに合わせていけるかと言った所です。それにプラス「次の世代に譲れる家具」を目指しています。
お恥ずかしい限りですが、温かいお言葉を頂いて感謝しています。
これからもどうぞ宜しくお願いします。

ひのきくんへ

こんにちは!
コメントありがとうございます。
いつもぶれない仕事ぶりに感心しています。私も見習わなければ…。
子供の頃にヤンチャしてれば、それを許してくれた大人達にいつかは感謝する時が来ますものね。
このテーブルにもその思いが詰まってますから、それがいつか分かってくれればいいですね。

No title

まあ!素敵なローテーブルですね!
こんな机を使える子供たち、しあわせですよ~!
私ね、子供たちって、王女様や王子さまのように
育てていいって思ってるんです。
我がままに甘やかすという意味ではなく、親や周りの大人が
そのくらいの心構えで、いいものを子供たちに与えるということ。

ほんと。今は小さくてわからずとも、大人になってこのテーブルの
素晴らしさに想いを致したとき、きっと、なにかが確実に
伝わるだろうと思います。
そしてその人がまた、自分の子供たちに、いいものを与える…

そういう『いいもの』の連鎖が、続いていくといいですね!♪

他の家具もそうですが、ほんとに素晴らしいです。

素敵~♥

学童の先生、素晴らしいですね。
妥協せず、「納得のいくモノ」を探してくださるなんて…

新1年生はもちろんの事、在校生の喜ぶ顔が想像できます。

ワンストの皆さん、先生方の思いが子供達に伝わる
すごく居心地のいい空間。

一度見に行きたいです♪♪


彼岸花さんへ

こんにちは。いつも嬉しいコメントありがとうございます。

そうですよね、私も同感です。
私の場合、たまたま父が家具の職人だったので、小さな頃からそういった本物に触れてきました。だから毎日使うものほど良い物を…と皆さんにはお勧めしています。
ずっと使い捨ての物に囲まれていれば、それが当たり前で過ぎていきますし、本物を大事に使っていくことを大人がしていれば、自然と子供もそうなっていくように思います。
知る事って大事ですよね。
そうそう、そんな連鎖が続いていってくれたらいいな。その為に少しだけお手伝いができればいいなと感じています。

りんごじょうさんへ

こんにちは!コメントありがとうございます。
手の調子はどうですか?裁縫は出来ていますか?

しばらく顔を見ていませんでしたが、こうして声をかけて下さって、私も嬉しい❤
使用状況から考えると、無垢材はちょっと難しかったので天板はメラミンですが、色目が優しかったので結構しっくりと馴染みました。
それでもどんどん傷がついていくでしょうけど、それも合わせて学習していってもらいたいですね。ちょっとのお手入れでずっと使えるもの…。その喜びが分かるようになるにはまだまだ時間が必要ですが、いつかは気付いてくれる事を祈ってます。

学校に行ったついでに見に行って下さい♪
学童の先生達はどうぞどうぞで見せて下さると思いますよ!
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

spoon ride

Author:spoon ride
いつかはspoonに乗せてもらう事を夢見る無垢家具web shopの小さなオーナーです。

物は少なくても豊かな暮らしを目指して。
子供に受け継いでゆける無垢の家具作りを、父と弟の三人四脚で進退を繰り返し頑張っています。

ご来店はリンク先
★★One story house★★
へどうぞ・・・

**コメント欄への書き込みで不適切な訪問者がいらっしゃる場合はこちらの判断により削除・拒否させて頂きますのでご了承下さいませ**

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。