スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知城・花回廊 ~はなかいろう~

2012.04.10 11:18|家族
IMG_0426.jpg



満開の夜桜がもう一度

堅い殻を被ってしまいそうなほどの

寒い週末。



高知市観光協会が主催する

『~和で綴る花と灯り  高知城 花回廊』

お店を閉めた後

家族で出掛けました。




週末3日間の中日とあってか

予想以上の人の多さにちょっと驚き。


見下ろすとどこから湧いてくるかのような

人・人・人…



IMG_0411.jpg




場所によっては石段が見えないほどの賑わいでした。




花と灯りが織りなす「なごみ」の世界



和太鼓や胡弓、三味線に能、

それから華道の大作が

春の宵を大いに盛り上げていました。



入り口を入ってすぐに見える

天守閣の白壁に映し出される桜の乱舞には

人ごみの中でも思わず立ち止まり

見入ってしまうほど幻想的。



IMG_0403.jpg





圧巻だったのが、石垣に映し出される

切り絵の映写。




IMG_0399.jpg



IMG_0400.jpg



IMG_0401.jpg



雪の結晶から始まる光の紙芝居。


幸せのクローバーを追いかける女の子のお話です。




スクリーンの役目を果たしていた

この杉の段の石垣は

近江の技術者集団・穴太衆(あのうしゅう)によるもので、

雨の多い土地柄、崩れにくく排水能力も高い野面積が採用され、

見かけは雑に見えるのですが

非常に頑丈な築き方なのだそう。



IMG_0422.jpg




今年、長女は年女。


子供達には希望がある。


私達大人がその希望の芽を摘んではいないか…。




IMG_0419.jpg




北風に回る風車に

天空のクリーンビレッジ、ゆすはら町の風車を思う。




IMG_0420.jpg




竹で組んだトンネルの向こう側にあるのは


一体どんな未来なんだろう。




IMG_0421.jpg




傘に隠れたあなたや私だって


こうして沢山の色を持っている。





色んな思いを巡らしながら

春灯(はるともし)の庭園(にわ)を抜けるまで


灯篭のほのかな灯りや

生け花の鮮やかな彩り

穏やかに流れる和の調べが


私の真ん中に

澄んだ清水となって流れていきます。




そして、私が楽しみにしていた

生け花の大作群。


自分にこんな大作ができるようになる日が来るとは

到底考えつきません。




IMG_0396.jpg






IMG_0413.jpg





IMG_0416.jpg




IMG_0414.jpg





子供達とつないだ手のぬくもりが


じんわりと私の冷えた体に伝わって


一緒に過ごした時間を刻みます。






そして


お城下の町の灯りとぼんやりと重なって見えた


『共生』と言う文字の灯篭




IMG_0418.jpg




ともに生きる…。



自問自答してみます。



その意味を忘れかけてはいないだろうか。



私も、



そして、あなたも…。



人気ブログランキング

↑↑いつもポチの応援ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

No title

あ、高知だったんですね、お住まい。
去年も、それから今年の初めにも行きました。
あのお城でこんな素敵なイベントがあったんですね。
灯りって不思議ですよね。
見ているだけでいろんなことを思い出したり、
素直になれたり。
灯りは人の命そのものなのかもしれませんね。

No title

まあ!素敵なお祭りですね。
そして規模も大きそう。桜の頃にいいですねえ。
雪洞の明かりに照らされた桜の美しさはまた格別ですもの。

生け花の大作展というのも、こういう場にぴったりの企画ですね。
わたしも、自分では生け花できませんが、、見るのは大好きです。
いつかきっと、spoon rideさんの作品も。ね?^^
スケールの大きな作品をきっとお作りになる方、という気がします。

切り絵を城壁に映し出すというのも、いいアイディアですよね。

うちの近くのさくらは、ようやく6分咲きくらいになりました。

きれい!

こんにちは。
昨日、高知からのお客様が御来店。
「いいところですよ、是非一度来て下さい」
と言ってました。

spoon rideさんのブログを見て
いいな、桜の季節の高知行ってみたいとおもいました。
日本旅行がしたいな。

素敵な写真を見せてくれてありがとう。
おか~やんより

あね☆もねさんへ

こんにちは!コメントありがとうございます。
そうです、高知ですよ。
あね☆もねさんは尾道のお写真とか撮られているので、近くかなと思ってましたが、来て頂いてるんですね。
嬉しいですよ。
これは3日間だけだったので、このイベントに合わせて来るのは大変ですものね。
少し前に県の主催でキャンドルのイベントがありましたが、それはロウソクの揺らぎを楽しめる素晴らしいものでした。一つ一つを手作業で点火して大変だったと思いますが、染みるような美しさでした。
でもこの光のイベントも素晴らしかったですよ!
夜の高知城が私は大好きです。
あね☆もねさんのインスピレーションを掻き立てるシュチュエーションだと思います。機会があれば是非来て下さいね。

彼岸花さんへ

いつもコメントありがとうございます。
フード関係がまったくなく、飲み物にも困る感じでしたが、そこがシンプルで良かったですね。
純粋に「春の宵」を楽しんでもらおうとする自治体の趣旨が感じられました。
この日はお花見にはあまりにも寒い夜でしたが、これがまたいいかもしれません。
石垣のスクリーンは、綺麗過ぎずにかえって儚さを感じて余韻が残りました。ロウソクの揺らぎと同じ効果ですね。
私の作品はまだまだ小さな世界で、本当にここまでいけるのだろうか???と正直未知数です。
でもこうして人に感動を与えられたら最高ですね!
頑張ります!

おか~やんへ

いつも遠い空から見守って下さってありがとうございます。

北海道の雄大な大らかさとはまた違った、高知のちょっと無骨で荒々しい自然をぜひ見に来て下さい。
おか~やんならきっと好きになってくれると思っています。
私もしばらくお城は疎遠になっていましたが、最近続けて訪れています。
それも夜の高知城はいい。お城下の光も多すぎず少なすぎず、キャンドルの光と相まって、もの想うにはとてもいい空間です。
私ももう一度北海道に行ってみたい!
私こそ、きなりさんの家族のあったかフィルムに癒されています。
ありがとう。

No title

幻想的ですね~。
青森はまだまだあちこちに雪が残っていて
花さえ咲いているところはありません。
幻想的とはほど遠く雪の山は泥の山のように
雪の表面が黒くなっていて汚いし…
今の時期が一番嫌いですv-293
でも今週はずっとお天気で気温も二桁なので
早く溶けて庭の花の芽が出てくると良いな…。
高知の暖かさを少しわけてくれ~v-392

えぐさんへ

こんにちは!いつもコメントありがとうございます❤
風情で言うと、前回のキャンドルには及びませんが、レトロと現代が融合した粋なイベントでした。
高知の寒さは思ったよりも厳しいと言われますが、四国山地が壁になって、平地まではなかなか雪が降りません。えぐさんの雪解けの様子があまりピンと来てません…。うぐぐ。
雪かきにもやっと解放されますね。持病をお持ちですから、少しはハードルを下げて頑張って下さいね。
春ですね~ タンタンタン。春ですよ~ タンタンタン♪

感謝。

こんばんは。
素敵な空間ですね。
こんな生活の空間がある、それだけで感謝です!

お元気で!

spoon rideさん、こんにちは^^

リョーマの休日・・・なかなかやりますね!流石は、土佐!

今回の記事は、しばし?のお別れとお礼を言うのにとても感慨深い
内容でした。ハチキン・パワー炸裂です!とても、好きだなぁ~。

先日四男が憶えはじめた文字を絵にしていました。よく見ますと
天地や左右が反対です。脳のシナプスがエックス型に繋がる前の
証なのですが、それだけではないことに気が付きました・・・。
幼子が愛らしいのは、上も下もないからです。空が上で大地が下、
という概念もないのです。それこそ、大人に必要な意識だと・・・。

spoon rideさん、今まで本当に有難う御座いました。ご家族が、
地域が、幸せと健やかさと繁栄に導かれますように・・。
お体大切になさってくださいね^^また、どこかで・・・。

お元気で!!

yokoblueplanetさんへ

お返事大変遅くなって申し訳ありません!
年度初めの書類作りや雑用で追われてしまってます。要領が悪くてすいません!

高知城は小さいですが、なかなか風情があっていいでしょう。
日曜市が見えるお城下の景色も、けして近代的ではありませんが私は大好きな風景です。
便利になるとそれが当たり前になってきますが、石段をひとつひとつ自分の足で上がって下りる…
なんでもない動作が嬉しいものです。
そうですね!日々、感謝の連続です。

はなさかすーさんへ

お別れでしょうか…。
最後のコメントかと思うとやるせない。
色々と問題が載積する高知ではありますが、若者たちが元気がよいといい方向に動きます。
何かないかといつもアンテナを張って、私たちも少しでも世の中に貢献していけるようにしていきたいと思っています。
脳のシナプスは使わなければ退化してしまうそうですから、いつも同じ考え方や動作をしていると脳と四肢が連動しなくなってしまいます。そうならない為にも少々の苦痛はあっても沢山の刺激に自ら飛び込まなければ。
その気力がいつまで続くのかが心配ですが^^
子供達にもしっかりと知識を蓄えて、心豊かな未来を築いて欲しいと思います。

すーさんとはこれっきりのような気がしていません。
いつかはきっとお会いすることがあるだろうと信じて疑いません。

お元気で。
すーさん、奥様、そして子供達に幸あれ!!

No title

こんにちは
何度も見にきては、うなずいて帰ってました。
コメント書きたいのにグルグル渦巻くばかり。
長い冬に慣れきった身体は、今日から春だよとばかりの急激な今年の
春にとまどって、身も心も狂いっぱなし。
すばやく、はーい・春ですねと受け入れた若さが遠くなった事を
実感した今年の春でした。今頃やっと通常に?(苦笑)
前置き長いのに、ひとことですみません。
共生・・・胸に沁みました。

クウーママさんへ

こんにちは!いつも真っ直ぐなコメント、とても嬉しいです。
クウーママさんの人柄が見て取れます。
私も東北の震災がなければ、世の中の小さな出来事に何も気が付かずにいたかもしれません。
そして子供を授かったことが大きな意味を持ったと思っています。
若い頃は何でも知っているような錯覚をおこしていましたが、それはただ何も知らなかっただけ。
今ではあまりの無知に打ちひしがれるばかりです。

正論を言っていても、そこに愛がなければいつかは化けの皮が剥がれます。逆を言えば、異論であっても、愛が脈打っていれば、いつかは分かってくれる日が来る。
でもそれは時間がとてもかかります。忍耐との勝負です。生きているうちに答えは出ないかもしれません。
それでも自分にうそはつけないですから、やり切らないとね。
私もいつも自問自答。苦しいですね。

焦りは禁物。健康あってですから、ご自愛下さいね!
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

spoon ride

Author:spoon ride
いつかはspoonに乗せてもらう事を夢見る無垢家具web shopの小さなオーナーです。

物は少なくても豊かな暮らしを目指して。
子供に受け継いでゆける無垢の家具作りを、父と弟の三人四脚で進退を繰り返し頑張っています。

ご来店はリンク先
★★One story house★★
へどうぞ・・・

**コメント欄への書き込みで不適切な訪問者がいらっしゃる場合はこちらの判断により削除・拒否させて頂きますのでご了承下さいませ**

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。