スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空と海の絵本

2012.09.10 17:03|家族
SN3S0174.jpg




まるで梅雨を思わせる毎日が続くある日曜日。

長女と市民図書館に出掛けました。



各々で好きな本を探していると

「これ読んで!」

と持ってきた一冊の絵本。




SN3S0167.jpg




「漂流物」?


タイトルとの相乗効果で

開く前から好奇心をあおる

何とも不思議な匂いがしています。



それはある海水浴場で

男の子が一台の古い奇妙な写真機を

拾うところから始まります。



開けてみるとフィルムが…。



そのフィルムを現像してみると

写っていたのは不思議な海底の世界だった…。





文字はひとつもありません。



これを読めと言われても難しいので

次女に分かりやすくお得意のアテレコで

読み進めました。




絵の美しさもさることながら

細やかな描写と不思議な世界観が広がり


年長さんの次女よりも

すっかり自分の方が入り込んでしまいました。



早速、同作者の他の作品を探してもらい

『セクター7』を含む3作品を貸出。




結局、中1の長女も巻き込んで

次女も何度も読み返しておりました。





SN3S0170.jpg



作者は、コールデコット賞を3度も受賞した経歴を持つ

デイヴィッド・ウィーズナー。



コールデコット賞とは、

アメリカ児童図書館協会がアメリカ合衆国でその年に出版された

最も優れた子ども向け絵本に毎年授与している賞。


19世紀イギリスのイラストレーター、

ランドルフ・コールデコットを記念して名付けられた。


ニューベリー賞と並んで、

アメリカで最も権威のある児童書の賞。




好き嫌いはあるかもしれませんが

かなりオススメです。



子供のいらっしゃる方、

興味のある方はぜひ。



その他の受賞作を見てみたいのだけれど

残念ながら近所の市民図書館ではないようなので

見つけたら教えて下さい。


 人気ブログランキング

↑↑保育園で、敬老の日の為に作ったしおり。
 「失敗したからあげるね❤」と次女。あ、ありがとう…?な私にワンポチを。

スポンサーサイト

コメント

No title

素敵な本の紹介、ありがとうございます。
魚好きの次男の為に、また色彩の素敵さに一目惚れした私の為に早速ぽちっと注文しました!
同じ作者さんの『3びきのぶたたち』も共に注文しました。
到着が楽しみです。

私自身、読書は好きではなかったのですが、小さい頃に読んで気に入り何回も読んだ本は、今でも記憶に残っています。
なので自分の子どもたちにも心に残る本と出会える様に…と、いつでも読めるようになるべく購入したいと思っています。
今回は他の外国作家さんの本も一緒に注文したのですが、内容をじっくり見たからではなく表紙にビビッときたものを買うスタイルなので、それも含めてこども達の反応が楽しみです。

以前ブログで紹介されていた手編み手提げ(ジュートでしたっけ?)は、今ありますか?

強烈な色彩

こんばんは。
素敵ですね。
早速調べてみます!
ありがとう。

No title

気持ちに訴える表紙ですね。
反応した娘さんもすごいです。
私の宝絵本は、ちびくろサンボ(騒動の前の)と小さなおうち と
3匹のこぐま 沢山あるなかで、これだけは息子が本を破かなくなってから与えました(笑) 今時の可愛らしい絵本には興味を示さなかった息子の子供は、さて、どんなのを好きになるんでしょうか。
食品も洗剤も本も、選ぶのが難しい時代ですね。

mieさんへ

こんにちは!お返事遅くなってすいません。
そうそう、偶然に次女が見つけた本ですが、本当にいい絵本でした。
文字がなくても表情や仕草で何を言っているのかが手に取るように伝わってきます。
他にはセリフありの本もありましたが、逆に邪魔なくらいでしたよ。
大人も子供もイマジネーションを掻き立てられる絵本で、子供の頃夢に見ていたような不思議な感覚でした。
口コミで調べてみたら『3びきのぶたたち』もかなりの高評価。私もmieさんと同じく、カバーでビビっときた物を買ってしまいます。大体当たりですよ♪
他の本もぜひ感想聞かせて下さいね!

> 以前ブログで紹介されていた手編み手提げ(ジュートでしたっけ?)は、今ありますか?

まだ3点残っています。
チャームを冬っぽい物にすると年中使えますよ。(私は一年同じbagを持つタイプ^^)
もし気にかかるようでしたらホームページから画像をお送りする事もできますから、お問い合わせくださいね。
やっぱり手編みは温かみがあっていいものです。

yokoblueplanetさんへ

表紙の色はインパクトがありますが、終始美しい色彩です。
とてもお忙しいでしょうが、ぜひ探してみて下さいね!
いつも目の覚めるような情報をありがとうございます!

クウーママさんへ

こんにちは!コメントありがとうございます。
『ちびくろサンボ』何度も読み返しました!私もちびくろサンボとあだ名がついたことがありますよ^^
子供の頃読んで覚えている本は結構あります。そんな本に出会えるのも親の気持ちの構え方が大きな力になるでしょうから、母としても責任重大です。(それも今回は次女に教えてもらったし^^;)
そんな意味ではオススメの本です。セリフ無しがまた良い。そのつどセリフを変えて読めますし飽きないかもしれませんね。
本って想像力を掻き立てる素晴らしいものなんだと思えるような子供でいてほしいですね。

とても♪

色鮮やかな絵本ですね♪♪
そして、お得意のアテレコで・・・って、いいですね~~♪♪
母の愛を感じます☆☆☆

そして、大変遅くなってしまいましたが、
生け花の准教授単位終了おめでとうございます☆☆☆

こだわりの愛車や、食品添加物の話、
そして、長女さんのダンス協力態勢や、原発のこと、
そして、もちろん、家具や作品作りや、お店作りに経営等、
どれを取っても、ご自分を活かしながら
ご家族や周りの方々のため、
全力で活きていらっしゃるということが
とてもよく解りますね☆☆☆☆☆

私は、食品添加物に関しては、娘がお腹の中に宿る以前に
アトピー物質除去食?や、バナナ等に関する知識にほんの少しだけ
触れさせて頂く機会があり、また、娘が生まれた年に丁度
「買ってはいけない」という本が出版され、それを
主人が買ってきてくれた・・;ことにより、一体何を食べてよいのか、
全く判らなくなった時期がありました。。。

しかし、元来、キャパの狭い私・・;
できることと言ったら、ほんのわずかなことばかり・・・

でも、ムリをしてちゃがまったら、元も子もない・・・

というわけで、SPOON RIDEさんや
様々な努力をされていらっしゃる方々のエネルギーの
3分の1?にも満たない私ですが、
絵本と言えば、シエル・シルヴァスタイン作の
「ぼくを探しに」「ビッグ・オーとの出会い」が
とても好きです^^♪♪ 

長くなって、すいません・・・

来週辺り、お店に伺うことができたらなぁ♪♪と、思っています(^^)/





Anna Conna☆さんへ

こんにちは!お返事が大変遅くなって申し訳ありません!!

いやいやー、そんなに褒めて頂くと恐縮します。…が、私もひとりの主婦であり母であるので、出来ない事も満載です。知らない事も多過ぎで、後から知って恥ずかしいやら情けないやらなんてシーンもたくさんあります。でも知ってから実行に移すのは人より早いかもしれません。「フットワーク軽いね~」と褒めてもらうことも多いです♪

食べ物にしても同じく。原材料を確認しながらの買い物ですから、時間もかかるし買う食材も同じものになってしまいます。レパートリーが多ければいいのですが、さすがに手作りするには時間が足りなくて、定番メニューを繰り返して作っています^^;そこが課題かな。
知れば知るほど怖い添加物ですが、全排除するのは不可能です。ただなるべくそういった「危険かどうか分からない」食品には安いからと言って手を出さないほうが賢明です。後から後悔しても遅いですからね!

シエル・シルヴァスタインですか?
見てみたいな。ちょっと探してみますね❤

10月最初の水曜日から絵画展を企画しています。子育て中のお母さん達にぜひ見てもらいたいパステル画です。また寄って見て下さいね。
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

spoon ride

Author:spoon ride
いつかはspoonに乗せてもらう事を夢見る無垢家具web shopの小さなオーナーです。

物は少なくても豊かな暮らしを目指して。
子供に受け継いでゆける無垢の家具作りを、父と弟の三人四脚で進退を繰り返し頑張っています。

ご来店はリンク先
★★One story house★★
へどうぞ・・・

**コメント欄への書き込みで不適切な訪問者がいらっしゃる場合はこちらの判断により削除・拒否させて頂きますのでご了承下さいませ**

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。