スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Y邸・パソコンビューロー Vo.1

2011.01.23 16:54|無垢家具
昨日、yamanaka様のオーダー家具3点の納品日でした。

IMG_c0048.jpg

去年の12月、お花の師匠のmikiさんから紹介して頂いて

ご自宅に伺いました。


これまで無垢の家具をあまり知らなかったとのお話しでしたが

L字の壁にぴったりとセットしたいと

現在お使いのパイプ式のパソコンデスクと既製の電話台の買い替え、

追加で楽譜をスッと片付けられるようにラックを

オーダーして下さいました。


お家の雰囲気からモダン家具がお好きなようでしたので

なるべくシャープに、飽きがこないようにデザインを考えました。


今回はその三点を順次お披露目していきます。


このパソコンビューローは天板の上にプリンター、

前倒しの扉の中にはノートパソコンを納め

使用する時だけ扉を倒して引き出して使用する。

椅子は使用しない。

奥行きは極力抑える。

のご要望がありました。


IMG_c0056.jpg

奥行きが少ないとパソコン使用時に前に倒れやすくなるので

扉の長さを特に気にしました。

そして外国製のビューローにありがちな

本体と扉との段差をなくしフラットに仕上げるのに

父達とかなり打ち合わせをしました。

IMG_c0054.jpg

IMG_c0055.jpg

このステーと金具達で解決。

さすがの職人たちがうまく始末をしてくれました。

スッとストレスなしに扉が倒れてきてくれます。


IMG_c0064.jpg

パソコン本体が傷つかないようにビス類は掘り込みを深くし

出っ張りをなくしました。


そして背面の配線穴。

IMG_c0058.jpg


通常は丸穴が抜かれているのですが、

パソコンの配線の多さと

コンセント位置の変化に対応する為に

ぎりぎりの高さで背抜きを施しました。


やっぱり無垢は背板がいい。


そしてマグネットや蝶番の真鍮の質感。

なによりもチョイスされたチェッカーガラスの美しい事。


IMG_c0059.jpg

IMG_c00621.jpg


圧迫感のないようにしたいとのユーザーさんの希望が

最大限に発揮された輝きです。


サイズはW600×H900×D370


IMG_c0074.jpg

背面と

IMG_c0071.jpg

側面。


そして前扉を開けた時の光の差し込み。

IMG_c0073.jpg

パイン無垢材の柔らかい質感と相まって

なんて優しい空気感。


ドイツ・リボスの自然塗料カルデット・無着色塗装に

日本製エシャ社の蜜ろうワックス。ラベンダーの香り。

空気層を沢山含んだパイン材との相性は無二の感覚。


扉の表情はV目字を入れてさりげなく。

IMG_c0069.jpg

しかし、この何気ない掘り込みが職人の丁寧な仕事の証。

細かい工程のたまものなのです。

分かって頂けるでしょうか。

IMG_c0070.jpg


最下段の扉無しの棚は

用紙などをさっと取り出せ、目立ちにくい場所。

脚高250mmは掃除のし易さと足を投げ出しても大丈夫。

配線だらけになってしまうコンセント位置もクリア。

IMG_c0066.jpg


蟻組み工法は引き出しの最高の造り。

隙間のない驚くほどの完成度。

IMG_c0053.jpg

底板でさえ無垢板一枚一枚ジョイントさせた美しさ。

底抜けなんてまずあり得ません。


IMG_c0051.jpg


その引き出しに真鍮のスマートハンドル。

やわらかさとシャープラインのハーモニー。


IMG_c0050.jpg


さてさて続きは次回に!






平屋の改装は少しずつですが手を付けています。

IMG_b0136.jpg

いたる所に浮いてしまったベニヤの壁。

白く塗装する前にボンドで補修です。

IMG_b0146.jpg

木工用ボンドをたっぷりと塗り、釘で仮止め。

乾いたら釘は抜いてから穴埋め作業です。


壁上部は穴が沢山空いていました。

IMG_b0133.jpg

↑↑こんな感じ。

パテで埋めていくとかなりの量でした。

IMG_b0135.jpg


それから作業し始めてから気が付いた白蟻の食事後。

IMG_c0145.jpg


幸いにも傷はまだ浅いですが、

パテ埋めを繰り返して均すのにはまだ数回の作業が必要な模様。

ヤスリまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちわ~
見た目だけじゃなく機能も使いやすそうで
とても素敵ですね!
わたし個人的にチェッカーガラスってなんか好きです。
レトロっぽさを感じると言うか・・・。
心のこもってるものって大切にしたくなります♪

No title

こんばんわ。
いいですね~。
無機質で、味気の無いパソコンまわりが
こんなデスクであれば、雰囲気が一変ですね。。

どんなセンスがいい、いえでも、パソコン機器だけは、
周りの空気を遮断しています。

オーダーされた方の美意識の高さを感じます。

平屋のほうも、はじまりましたね~~~。
下仕事がきっちりされて、少しずつかわっていくんですねv-254   たのしみです。

素敵です♪

こんばんは。

使う方の要望を聞いて、考えつくされた家具。
オーダーって、こういうことなのだと改めて(^^)
細かいところまで一つ一つ。
作り手の優しさが伝わってきました。
ほんとに素晴らしいです。
お客様、喜ばれたでしょうね。

平屋の改装、根気がいる作業ですね。
応援しています♪

tagomaruさんへ

こんにちは!コメントありがとうございます❤

チェッカーガラスって本当に綺麗ですよね^^
特に白熱灯からの透過は素晴らしくて、なんで日本で作られなくなったのか寂しい限りです。
物が溢れすぎて本当の価値が判断出来なくなった日本の残念な現実です。
最近はガラスも色々と勉強しているのですが、手作りの素晴らしいガラスも恐ろしい程枚数があり、その中からチョイスしていくのは大変です。びっくりする程高価なガラスもあり、あまり凝り過ぎると一体いくらの家具になるの???って感じです。

最近の若者達は私達世代よりも物に対する心がしっかりしていますね。
いる物いらない物が判別されていて、こだわった物は大事にしようとする気持ちが強いように感じます。
作り手は使い手を思い、使い手は作り手を感じて本物を知る・・・
昔当たり前だった日本に少しでも近づけていけたら、私達がやろうとしている事も無駄にはならないような気がしてきます。

tagomaruさんも棚板をたくさん付けて可愛い家になりつつありますね。
手作り万歳!!

そなさんへ

こんにちは!コメントありがとう❤

家具のみならず、生活していく中で使う道具は全て千差万別。
ですからユーザーさんの嗜好や汎用性等をよく聞いて、悩まれている時は少しアドバイス出来たらいいなと勉強がかかせません。けれど私は使い手に傾いた立場でいつもいたいですから、あまり突っ込みすぎると逆効果になるかもしれませんね。
最近ラジオでもよく流れている「親切とおせっかいは紙一重」って事がよくありますが、そのおせっかいにならないように気を付けていきたいですね。
いつもオーダーして下さる家具が完成すると、自分の家に欲しい!!と思ってしまいます。弟に話すと「自分が欲しいと思う家具を売りたいんだから成功じゃない?」と言ってくれます。そんな優しい言葉をかける家具職人です。

平屋は少しずつ手がけていますが、思うようにはなかなか進みません。色々妄想しながら地道にやるしかありませんね~。一人って言うのがまたちょっと淋しいし。

「すきやき」の歌はちょっと泣きました。やっぱり自分は母ですね。

さおるさんへ

ありがとうございます~。

さおるさんも着々ともゆっているようで、昨日訪問させてもらったら、金箔みたいな背景が効いててスゴイ!!って声が出てしまいました^^
先週は平屋改装とオーダー家具の仕上げに、追加で学校行事がありコメントもあまり残せずごめんなさい。
私も一週間ぶりの記事更新でした。

オーダーして下さったユーザーさんには気に入ってもらえて本当に嬉しかったです。納品しても「本当に気に入ってもらえたのかな~?」といつも不安いっぱい。これから自分が使いやすいようにアレンジしていってもらえたら最高ですね。

平屋の方は下地の修正が一番大変ですが、そこを過ぎれば一気に塗装ですから頑張ります♪
さおるさんが一緒に羽ばたいてくれるから勇気りんりんです❤

No title

かわいらしいですね。飴いろになった姿を見たいな。。
あ~、引き出しのジョイント部分。子供の頃から、この模様(?)はお気に入りです。ぴったり!ジョイントされていて本当に美しいですね。
脚の部分には触れていませんでしたが、何か工夫があるようで気になります。。
引き出しの底板や背面まで無垢なんて、うらやましいです。
そうそう、迷っていた子供の学習机、買っちゃいました。本当は飛騨産業のが気に入ってたのですが(って自分が使うことを夢見て)、2つ購入するとなると、ちょっと身分不相応かなと思いまた次回の夢としました。とはいえ無垢のものにしたのですが、さすがに底板と背面は化粧板でした・・

korogaruishiさんへ

こんにちは!コメントありがとうございます❤
今回は女性的なラインを意識して企画しました。ユーザーさんが陶芸もなさる繊細な方でしたので、このデザインはぴったりだと思います。
私は脚が太くてドッシリデザインが好きなので、自宅用は必要以上に太くしてしまう癖があるんです。弟デザインはワイルド路線。二人の中間が丁度いい位ですから、相談しながら製作していきたいですね。

蟻組みはいいでしょう~。乾燥が進んで木が痩せていっても返しがあるのでまず外れる事はありません。またここがデザインの一部みたいで可愛いでしょう!
今回、脚の部分は決められたスペースの中でいかに収納空間を確保するかと言う点、掃除機のノズルが入る事、前面から見た時の3点の家具の統一感、コンセントの位置と配置、金物とのバランス等でなおかつスッキリするように直線を生かすことにしました。これがろくろ脚や骨太タイプのレッグにするとまったく違った表情になりますよ!

机、購入されたんですね。おめでとうございます!
子供さんは喜んでくれたでしょうね♪せっかく買われたんですから愛着を持って使ってあげて下さいね。
私も無垢の家具が高級品ではなく、もっと身近な友人として使われるように、きちんと正当な価格でお届け出来るように努力しなくちゃ。

No title

おはようございます。
家具って奥行きが無いと安定が悪いしありすぎても
存在感出過ぎて しっくりこないし・・・その家、その場所に合った
ものを作るって、私が考えてる以上に センスが問われるものなのでしょうね(^^)

家具も生き物、長く使ってもらえる
この上ない喜びですよね♪

修繕、リフォームお疲れ様です(^^)
キッチン、私も勝手に こんな風にして
あんな風に~なんて、楽しみ妄想しています(*^^)
頑張ってくださいね~♪

あねもねさんへ

こんにちは!コメントありがとうございます♪

そうなんですよね。使いやすい丁度のサイズって言うのは引き出しと棚ものとでは若干違います。既製の家具が大体規格が決まっているのは理にかなっています。ただ個人によって使い方は色々ありますから、高さが目線より上か下かだけでも圧迫感が違いますし、腰から上部のみ厚みをを引くだけでも空間が広く感じますから、難しいですね。配色も絡んでくるとお客様が一番求めているのは何か見極める力も育てていかないと・・・
本当に学ぶ事だらけです。

あねもねさんも色を見る力があるのでいつも感心しています。
大事なのは自分の感性を大事にする事ですから、それを磨いて益々極みを垣間見る事ができればいいですね!

リフォームはあねもねさんと一緒です。
同じ高知県で刺激し合って前に進める事はとっても刺激になります。
私はまだまだ穴埋めに奮闘しています。頑張ろうね❤
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

spoon ride

Author:spoon ride
いつかはspoonに乗せてもらう事を夢見る無垢家具web shopの小さなオーナーです。

物は少なくても豊かな暮らしを目指して。
子供に受け継いでゆける無垢の家具作りを、父と弟の三人四脚で進退を繰り返し頑張っています。

ご来店はリンク先
★★One story house★★
へどうぞ・・・

**コメント欄への書き込みで不適切な訪問者がいらっしゃる場合はこちらの判断により削除・拒否させて頂きますのでご了承下さいませ**

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。