スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凛と・・・

2011.03.08 01:39|無垢家具
3月に入って初めての更新です。

IMG_d0138.jpg


やっと大まかなリフォームが完成しました。


まだまだ細かな補修は沢山ありますが、

何とかこれでゲストを招待する事が出来そうです。




一番最初、私がここを訪ねた時、

暗い壁と古びた建具が時代を映すこんな部屋でした。


IMG_d0168.jpg



IMG_d0165.jpg



IMG_d0161 (2)



CA3A0085.jpg



IMG_d0164 (2)



IMG_d0162 (2)



IMG_d0153.jpg



IMG_d0170.jpg



地元の人達からさえも気づかなれないこの家が

私には朝日の挿しこむ眩しい夢の箱に映りました。

私の脳内ビジョンには既にその像が写り込んでいたのです。



剥がれたビニールクロスをボンドで貼り直し、

雨漏りが壁を伝い、腐って何層にも浮きあがってしまったベニヤの板壁を

接着剤を塗りながら釘打ちし、

養生テープを15巻使ってからペンキ塗り。

初めは2缶位かな~と甘く見ていたホワイトのペンキは

最終的には7リットル缶5缶を数えました。



合板の冷たいフロアの上から無垢の杉板を張り、

厚みのあるフロア材を使えない箇所は

父と弟がシナを貼り付けてくれました。


濃淡を決めかねていたそのフロアには

結局ホワイトとクリア色のオイルに落ち着く事に。


主役は家具ですから、引き立て役のこの家は

名脇役となりました。




さあどうぞ、私のFLAT HOUSEへ。



IMG_d0140 (2)


玄関の杉板の部屋を通り、ダイニングへ。

家の真ん中を走る短い廊下は

トイレとお風呂を仕切る小さな空間。


その奥は一番暗く感じたこの部屋でした。

dCA3A0086.jpg



dCA3A0089.jpg


待ち焦がれていたマリンライトが到着し

早速配線をつなぎました。



白熱灯の柔らかな光が

やや冷たく感じていた空間に温かさをもたらします。

思った通りの空気感です。



廊下を通ってその奥に進むと

痛んだ畳があった砂壁の和室。


IMG_d0141.jpg



いたる所に剥がれおちた砂壁のほころびがあった和室でした。


天井はコントラストを残そうとして

養生テープを一気に7巻使用しました。


IMG_d0145 (2)


天井のベニヤはやはり雨が染みて

かなりのダメージがありました。

何度塗ってもあくが出てきて、

結局は3度の重ね塗りになりました。



IMG_d0142 (2)


まだ脚立が置いてありますがご愛敬。


この部屋はもう少し手を加えていこうと考えています。





やるだけやった後は清々しく

しばらくはこのままで・・・


ゆったりと壁にもたれて朝日を浴びる。



IMG_d0230.jpg



小さな 小さな 私のお城。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

No title

ぐっとステキになりましたね(〃▽〃)
これからどんなアレンジをされるのか、楽しみでたまりません♪
とても大変な作業だったことと思います。
体、とくに首、休めてあげてくださいね(^^)
和室のアレンジ、とても参考になります。
う~んと、う~~んと楽しみにしています!

達己さんへ

おはようございます!
しばらくお伺いしていませんでした。すみません・・・。なのにコメントありがとうございます。
長い一人リフォームで少し体にきていますが、子供を産むのと同じくらい喜びが大きくて痛みを忘れてしまってます。ただピチピチの若さはないので、肉体労働はちょっぴり休憩です。
・・・と言いながらも早くも家具の塗装にかかっていますが^^

私の家具の趣向は洋寄り、食器は和寄りなので、そのどちらもマッチするようなアレンジを心がけています。
和室もどっちともとれない空間になっていませんか?

近くを通ったからちょっと寄って行きたくなるショップ作り、まだまだ発展途上中です。

No title

わ~おv-237

何たる、速さ、
何たる、結束力、
何たる、行動力
何たる、完成度v-237v-237v-237v-237

spoonさん。凄いよ!
そうして、床にペタっと座って完成された部屋の空気に浸されるまで

ノンストップで走りきりましたね。
驚きです。

あなたのエネルギーが形になってに見えるようです。ファイヤ~
完成おめでとう~~~v-254v-254v-254

No title

ごぶさたしている間にすごい進んでいるではないですか!
すごいです~素敵です~!!!
こんなにも変わるものなんですね。
いやー尊敬です、ほんと。完成おめでとうございます!

No title

こんばんは~、
いい感じに仕上がっていますねー。
実際に、お伺いしたいくらいです。
達成感というか高揚感というか、
気持ちよーくわかります。
ブログ更新、楽しみにしてますねー!

いつも、ありがとうですv-290

壁にもたれて

spoon rideさん、こんばんは^^

壁にもたれて・・・・わかるなぁ^。^

やりましたね。ジョン・レノン&ヨーコさんも、白い部屋が
好きだったけど、木があるからなおいいんですね。ここ
から、何かが生まれ、人と出会い、物語が綴られていく
のでしょう。新たな世界に、乾杯!

No title

木と言うものは生き物。
「切ってしまえばそれまで」ではないのですよね。
形を変えても木は生きている。
温もりもあるし暖かさもある。
それが伝わってくるような部屋づくりと家具ですね。
とってもステキだと思います。
ひとまずお疲れさまでしたv-410
あともう一息ですね。
夢の扉が開くのを楽しみにしていますよv-411

こんばんは^^

素敵な空間に変わりましたね。
広いFLAT HOUSEを、よくぞここまで^^
これからも、spoon rideさん色に変わっていくのですね。
お最後のお写真、とってもいい写真。
カッコよすぎます♪

春の訪れと共に、spoon rideさんの夢が
花開きますように(*^-^)

さおるさんへ

すご~く情熱的な祝福コメントありがとうございます!!

自分でやっている時は、どうしてこんなにこんなに思うように進まないのか・・・と焦りばかり募っていましたが、やっと形になりました。
頭の中でイメージは固まっていたけれど、いざ写真を確認してみると違いに驚きます。
この平屋をお借りした時には「これをどうするんですか??」と聞かれる位だったのにな~って。
見違えるように明るくなって気持ちがいいですよ!
もう少し手直しがありますが、先に家具とウェブをやらないとこちらの方が間に合わない!!

カウントダウンが始まりました。頑張りまっす❤

tagomaruさんへ

こんにちは!コメントありがとうございます。

変わりましたよ~。壁って本当に重要です。
あまり日が当たらない家なのですが、とても明るく感じます。
これからのアレンジでこの透明感を崩さないようにしないとね。

尊敬なんてそんな・・・。
特に技術を持たない私でも、やる気だけあれば出来るものです。
もう一軒くらいやってもいいかなと言う意気込みですよ。

まだ外回りのセメント仕事が残っているのでもうちょっと頑張らないと。
応援ありがとう!

きなり食堂さんへ

そんなそんな、お礼はこちらの方です。

細かい所を見ると「あれっ」って感じですが、自分はその素人チックなラフさを求めていたので、私の中では大成功でした。
頑張りが形に見えると、こんなに気持ちのいい事はありませんね。
大人になってからかなりの月日が経ちましたが^^、久しぶりの達成感です。

あとはいかにお金をかけずに肉付けしていくかが勝負。
お金がないって、もの凄い気合いが入りますね~^^
自分でもおかしいくらい。

あまり女性チックにならないように仕上げていきたいと思っていますので、またチェックお願いします♪

はなさかすーさんへ

こんにちは!
昨日ブログ更新直前にコメント頂いたのに、タッチの差でまたまたありがとうございます。

すーさんなら分かってもらえますよね。壁にもたれて・・・って。
まさにその心境でした。
朝日が柔らかく注いで、本当に気持ちが良かった。
あの気持ちをこれからも忘れてはいけませんね。

ジョンレノン夫妻は白壁が好きだったのですか?
オノ・ヨーコさんのようなビッグスケールの人間にはなれませんが、私もピースホワイトはとても好きです。
でもその中に木がないとやっぱり息がつまっちゃいます。

無垢の木に囲まれて、無垢の心を持ち続ける。
今の私の夢です。

No title

おはようございます(^^)

頑張りましたねー!!
ペンキを見るのが嫌になりそうな量・・使いましたね^m^

清々しさが伝わってくる最後のショット♪
あれこれ配置を考えるのが楽しみですね~(*^_^*)

えぐさんへ

こんにちは!コメントありがとうございます。

自然から芽生えたものは自然に還る事ができるけれど、人間は色々と手を加えてしまって還る事ができなくなってしまうんですよね。
木は大地と太陽のエネルギーを得て育ち、そして切られ形を変えても呼吸し続け、そしていつかまた土に還る。木にも個性があって、今回杉とシナでフロアを作りましたが、足触りがまったく違います。杉は柔らかくて傷が付きやすいけれど温かく感じます。反対にシナは木目も揃っていて、杉よりは固くて傷も付きにくいですが若干冷たく感じます。

今回の大工仕事はなかなか苦しいものもありましたが、得るものの多かったように思います。
まだまだやる事はたくさんあります。頑張ります!!見てて下さいね!

そなさんへ

こんにちは!

あはは。カッコいいですか?
白バイと一緒で、顔が出てしまうとプププ!と言う事になるので隠しました^^
ウェブショップオープンで素性がばれてしまいますが、それまではベールに包みましょう。

FLAT HOUSEも、後で写真を確認すると結構驚きの変身ですね。
時間の縛りと肉体労働でかなり身心ともに苦しい時期もありましたが、出来てみれば喜びも最大級です。
性別を問わず、居心地がいい空間をこれからも作っていきたいと思います。

そなさんのレトロでモダンな玄関デコ、すごく楽しいです。
応援ありがとう!!

あねもねさんへ

おはようございま~す!

本当にペンキがみるみるうちになくなっていくのには、一体どのくらいの量がいるのだろうかと心配になりました。毎日のように同じペンキを大量に購入していくホームセンターでは、何してる人だろうかと噂になってないかと思いましたよ^^

あねもねさんも庭づくり本番ですね。
きっと「らしさ」に溢れたオリジナリティー満載のお庭になるでしょうね。
とても楽しみにしています❤

私はこれから玄関周りと窓の装飾を考えていきます。どうなることやら・・・
ウェブの写真撮影と、家具の企画とオイル塗りもぎっしり。
もう時間がない~~!!
怖いよ~

No title

施行前と施行後の間にspoon ride さんのイマジネーションが入るだけでこんなにも変わるのかと驚きました。
まるで魔法にかかったようです。
魔法使いspoon ride さん、素敵な空間の完成おめでとう。
これからも楽しみにしています。

MASASIさんへ

こんにちは!嬉しいコメントありがとうございます。

魔法は褒めすぎですよ~。最初と比べると確かに明るさは雲泥の差だと思いますが、イメージはあっても技術が追いついてないですから、プロの目からみればビックリの仕上げです。色んな所にペンキが飛んでいるし、はみ出ているしで、素人作業丸出しです。
まあ、それが私のひとつの狙い目でもありますが^^

色を多彩に使われるMASASIさんとは反対に、同色のグラディエーションで空間の厚みを作ろうとしています。
(沢山の色を上手に使えないだけとも言いますが・・・)
素朴な私にぴったりのような気がします。
昔良く見た、古い写真の記憶のように。

お疲れ様です

こんにちは!
すごいですね~
ご自分たちで工事したんですか??
業者顔負けです。。。
数々の素敵な家具と照明
とっても参考になります
私もマリンライト大好き!
無垢の優しい家具とぴったりですね
高知へ遊びに行きたくなりました。。。

yukiさんへ

こんにちは!
お返事遅れてすいません。
昨日は大津波警報が出て、海沿いの工房の避難でバタバタしていました。
おかげ様で大丈夫でしたが、南海地震の事を考えると恐ろしくなります。テレビの映像も地獄絵のようです。

家具職人の父にシナのフロアは貼ってもらいましたが、その他は素人の私がやっちゃいました。
古さも残しながらの作業はなかなか大変でしたが、まったくの新品とは違う味が出て気に入っています。
お金をかける所かけない所を明確にしたからかえって良かったかも。
築年数40~50年くらいは経っている平屋がちょっと手を加えるだけで気持ちの良い空間になるものですね。
車は1台しか停められない小さなお店ですが、高知にキャンプでもしに来られたら遊びに来て下さい^^

初めまして

いつも私の拙いブログにご訪問をどうもありがとうございます
素敵なお部屋ができましたね
自分で作れるなんて素晴らしいです

これからもお部屋がどんな風になっていくのか
楽しみにさせて頂きます

iriさんへ

こちらこそ初めまして!
いつも素敵な音楽の紹介、楽しみにしています。
工房の周辺が大津波警報が出てバタバタの週末でした。お返事が遅くなってすいません。

リフォームはプロに任せれば素晴らしい仕上げにしてくれるでしょうが、それでは私にとって意味が少し違ってきますから素人の素材を残しつつ手作業で頑張りました。
古い物が少し手を加えるだけで見違えるようになるなら、皆さんも出来るのではと行動に移してもらえたら嬉しいなと思っています。
応援ありがとうございます^^
非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

spoon ride

Author:spoon ride
いつかはspoonに乗せてもらう事を夢見る無垢家具web shopの小さなオーナーです。

物は少なくても豊かな暮らしを目指して。
子供に受け継いでゆける無垢の家具作りを、父と弟の三人四脚で進退を繰り返し頑張っています。

ご来店はリンク先
★★One story house★★
へどうぞ・・・

**コメント欄への書き込みで不適切な訪問者がいらっしゃる場合はこちらの判断により削除・拒否させて頂きますのでご了承下さいませ**

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。