スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生みだす箱

2011.04.08 16:46|無垢家具
以前ブログでも紹介した、家具職人の父tsukasa。

30歳で家具職人に弟子入りし、43歳で現在の工房を立ち上げた。


工房


たくさんの苦労と、涙と、汗が染み込んだ

お世辞にも奇麗とは言えない、この工房。


父が腕一本で生みだしてきた家具は数知れず。



今日も、黙々と木を削り、家具を造る。



その傍らで、オーダー頂いたカップボードに

私はオイルを塗った。



粉雪のように舞う木屑と、オイルの香り。



この大きな箱の中で

今日も大地の一本から

新しい家具が生まれていく。

br_decobanner_20110404114043.gif
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは、職人の生き様を感じますねー

みんなに喜ばれるものを作り続けるのは
大変だと思いますが、これからも
たくさんの素敵な家具、作ってください。

マスターの祖父は大工ではないのですが
まねごとのようなことをしていました。
いろいろな道具があってそれを使いこなす、
かっこよかったなー。
木の香りっていいですよねー。

No title

この工房から、うまれるんですね~。
まさに、誕生の場。
一本の木であったものから、家具をうみだす。
エキサイテイングですね。v-91

きなり食堂 さんへ

こんにちは!
コメントありがとうございます。

そうですね。喜ばれるものを作り続けるのは、意外と難しいものです。
特に専門職に特化すればするほど、ユーザーさん側の意思が伝わりにくくなるものです。
父にはその確かな技術を出してもらって、私はユーザーさんとの橋渡しが出来ればと思っています。
確かに自分が使いたい家具を作ってはいるのですが、ともすれば自分勝手なものになりがちです。
いつも気持ちを今の状態に保たなければいけませんね。

きなりさんの息子さん達が作っていた椅子も、とてもいい雰囲気でした。ちょっと私も欲しかったな~^^
おじいさんからの血が流れているのでしょうか。
木の香りと自然塗料の香りはとても落ち着きます。一度使ったら虜になりますね!

さおるさんへ

こんにちは!コメントありがとうございます❤

そうなんです。一枚の板から、どのように組み合わせていくのかを考えながら進めていく作業は、傍から見ていても凄いな~と思います。
長年の経験で、反りや木目の出る場所を把握したうえでの工程だけど、まだまだ分からない事も多いようです。まさに木は生物。個々の個性があるようです。
そこが面白さでもあるんだけどね!

セピアだから、意外と綺麗に見えますね^^
木くずの量が半端じゃないから、いつもけむっています。
重度の花粉症の私はくしゃみが止まらず、結構きついで~す(笑)
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

spoon ride

Author:spoon ride
いつかはspoonに乗せてもらう事を夢見る無垢家具web shopの小さなオーナーです。

物は少なくても豊かな暮らしを目指して。
子供に受け継いでゆける無垢の家具作りを、父と弟の三人四脚で進退を繰り返し頑張っています。

ご来店はリンク先
★★One story house★★
へどうぞ・・・

**コメント欄への書き込みで不適切な訪問者がいらっしゃる場合はこちらの判断により削除・拒否させて頂きますのでご了承下さいませ**

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。