スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイルボート・カップボード

2011.06.07 16:46|無垢家具
カップボードが2種類出来上がりました。


IMG_e0006.jpg


これは、家具職人、弟「kazuo」の作品であります。


弟曰く、「コレクションボックス」なのですが、

カップボードにも十分使える容量だったことから

名前を変更させてもらいました。


IMG_e0015.jpg


多目的に使えるように、無垢の棚板はすべて可動式。

奥行きも考慮して、本棚にも十分対応しています。


最近の家具では少なくなってきた、

扉が180度以上開く「ひら蝶番」で、ぐっと使いやすくなっています。


IMG_d0012.jpg


もちろん引き出しは蟻組で。

ノブも楕円でシンプルながらも可愛さがただよいます。


IMG_d0021.jpg


かなり深めの引き出し。

収納力もかなりのものです。



IMG_d0009.jpg



両開きの扉は、真鍮製の座付きハンドルを採用。

引き出しとの相性抜群。



IMG_d0041.jpg



幕板はお気に入りの、波をイメージしたアーチ。

ストレートラインにほっとするやわらかさです。


名前はセイルボート。帆船です。


真っ白な空間に、まるで帆船に乗っているかのような

重厚感と爽快感が気持ち良い・・・


窓を開けていると、潮風のように感じて

まどろんでしまいます。



IMG_d0022.jpg


テカテカと光らないしっとりとした肌触りは

パイン無垢材と自然塗料が為せる技。

私は本当に、この鈍い光が大好きなのです。


IMG_d0025.jpg


側板もどっしりと厚みのある仕上げです。


「ちょっとさっぱりし過ぎたかな?」と心配症のkazuo。


大丈夫。


板厚の重量感と、シックなローズウッドの重厚感で

その存在力は抜群です。



IMG_e0007.jpg


ショップでは弟のクレイ・アートの作品を展示しようと考えています。

白い食器を入れても、とても映えますよ!



サイズはホームページで後日アップさせて頂きますね。



家具がどんどん出来上がって、

オイル塗りに日が暮れています。

SHOPの改装がストップ中。

7月に設定したオープンは大丈夫か???



今日もご訪問ありがとうございます。

br_decobanner_20110518035342.gif

スポンサーサイト

コメント

こんばんは♪

こんな素敵な家具が家に一つでもあるとオシャレでいいなぁ。
家の雰囲気が変わりますね。
棚板が可動式なのも奥行が深いのも家具を選ぶ大きなポイントです。
いつものように細部にまで心配りがあるんですね^^
私はあまり薄い色よりも濃い色が好きなので、このくらいの色が好みです^^
キリムも部屋がパッと明るくなってより家具が引き立ちますね。
家って色んなものがあるから、それだけが主張しても困るし、
でもデザインにこだわりたいし、spoon rideさんのところの家具は一生モノの家具ですね。

No title

いいな!いいな!
私のコレクションのアロマキャンドルと
30年ぶりに再び作り始めたソープバスケットを飾りたいv-398
作ったはいいけど作り始めたら止められなくなって置き場所がなくて
今は全て彼の家のガラスケースの中に飾ってもらっています。
それでもまた作っちゃうからどんどんこれからも増えていきそう^_^;
シンプルな形だから作ったもののイメージを壊さないし
私が好きなタイプのカップボードです。
出来ればティーカップのコレクションも飾ってみたいなv-410
弟さんのブログのぞかせていただきましたv-411
粘土でこんなにリアルに作れるって凄いです!!!
spoon rideさんご一家は皆さんそれぞれの才能があり
それをお互いに活かしあって展示する場所もある。
ステキなことだと思います。
近くにお店があったらすぐ見に行くのにな!(^^)!

そなさんへ

コメントありがとうございます❤
私も濃い色の家具が好きだったのですが、この仕事を始めてからは、木の美しさを更に深く知って、クリアで仕上げるのが一番好きになりました。
年数が経つうちに、だんだんと飴色に変わって、さらに深い色になっていく・・・。これがいいんです。
家具はあくまでも道具ですから、機能は最優先で考えています。
基本はシンプル、でもお気に入りの家具は大胆に・・・がコンセプトかな。

えぐさんへ

そうそう、やり始めるとやめられないのよね~!
私も昼食を食べずに没頭する事が多々ありますよ~。
最初、「コレクションボックス」と銘打って作り始めたので、ちょっとシンプル過ぎ?と思いつつ、コレクションを殺してはいけないと、そのまま進めました。
えぐさんみたいに手作りの作品ならなおさらシンプルな方が映えますね!
好きな家具だと言ってもらえると、やりがいアップ↑です。
えぐさんも、素敵なコレクションたくさん持っているから、格好よく飾りたいですね!

弟のブログも見て下さってありがとうございます♪
色々と面白い粘土を作っているので、見ていてあきないですよ。
お嫁さんもちょこちょこ作る人なので、そのうち家族みんなで何かできればいいなと思っています。
お店は手作りでしょぼいですが、思いはたくさん詰まっていますから、龍馬の里にもいつか来て下さいね。
お互い遠く離れているけれど、「繋がっている」って素敵です。

素敵ですね。

初めまして。
ご訪問ありがとうございます。
この家具はシェイカーズとかアーミッシュの素朴さも感じさせる素直で正直な家具で素敵ですね。
粘土作品も力強くて楽しませて頂きました。
ありがとう。

yokoblueplanetさんへ

こんにちは!コメントありがとうございます。
シェーカースタイルは私も大好きです。
シンプルで素朴な家具は自分の身の丈に合っていて、しっとりと落ち着きます。

yokoblueplanetさんの記事も、読み込んでいるとあっと言う間に時間が経ってしまいます。
高知は離れているせいか、まだその恐ろしさに気づいていないようですが、スーパーの魚が異常に安くなっています。潮に乗ってやってくる魚は汚染されているのではと、やはり怖い。
しかし、風評被害で苦しんでいる漁業関係の方の事を考えると、実際はどうすればいいのでしょうね。
情報が溢れているだけに、正しい知識を持たないと的確な判断ができないものですね。

自然

しっかり、存在感をかんじさせてくれる、kazuoさんの家具ですね。
安心して、物を任せられる感じです。
naturalとあえて、言葉を添えることなく、存在自体が自然とともにある感じです。
クレイアートや、spoonさんのお花をはいけんしていて、物を作り出す、底辺の厚み。力強い感覚、センス、技量を感じます。
 7月がオープンなんですね。
それまでに、ひとつずつ生み出される家具たち。
楽しみですv-254

勝川俊雄先生の記事

おはようございます。
本当に安心してお魚も食べられなくなってしまいましたね。
海産物に関しては、勝川先生の記事は信頼に足ると思われます。
記事もリンクもありますので、ぜひご覧になって下さい。

さおるさんへ

こんにちは!
昨日は保育園の保護者会があり、受けてはいけない用事をまた受けてしまった・・・
今でも時間が足りないと言うのに、拒否できない私・・・^^

いつも言っている事なんですが、「もの」が「もの」でなくなる瞬間を追い続けています。
そこが自分のやっていることの全てに通じているかもしれません。
さおるさんのように、近代的な感性と、懐かしい人の生活の両方を感じて、「ものづくり」をやっていきたいと思います。
造り出す事にもきちんと責任を持って・・・。

yokoblueplanetさんへ

またまたご丁寧にありがとうございます!
いつも泣くのは国民ですね。
被害者は勝川先生の記事、じっくり拝見させていただきますね。
ありがとうございました!

No title

これは弟さんの作品のようですが、見ているとなんだか落ち着きますね。

家具のことは詳しく分からないのでおかしなことを言っているかもしれませんが、個人的には真鍮の配置のバランスがいいなぁと思います。
なんだか家具が落ち着いたオシャレをしているように見えるし、そこに生きてある感じがして好きなんです。
まぁ、人にはいろいろな意見があると思いますが、その中でもかなりマイナーな方ではないかと自負していますが。

はじめまして。

はじめまして、りもママと申します。

素敵な家具ですね~。
写真から樹の香りがしてきます。


私も遥か昔の美大時代に家具を創っていました。
昔の事を思いだして、
あの子達はどうしたのだろうと。

また、お邪魔します。

MASASIさんへ

こんにちは!コメントありがとうございます。

そうなんです。私の好みを考えてくれたらしく、弟が作る家具の中では珍しくシンプルな家具を作ってくれました。色がシックなので、確かに落ち着きます。大きな家具は濃い色にすると圧迫感があるので、このサイズが限界ですが、なかなかローズウッドはワイルドな良い色です。

金物のバランスがいいと言って頂けて光栄!!
いつも最後にミリ単位で位置を決めています。結構気を使う箇所です。金具も、大きさ・色目・質感など、細かい所で全体のバランスを考えています。
絵を描いているだけに、さすがですね!

りもママさんへ

こちらこそ、初めまして!
コメントありがとうございます❤

りもママさんも家具作ってたんですか?女性では家具を作製される方は珍しいですね!
授業で作られたんでしょうか。

展示用の家具も大分揃って来て、お店っぽくなってきました。
毎日オイルを塗っていますが、無垢材の香りと天然オイルの香りに癒されていますよ。
いつも作業後には汗びっしょりですが、完成した家具を見ると疲れも吹っ飛び、ホッとします。
これも無垢の為せる技でしょうか。

シェルティーを飼っているんですよね。
私も犬を飼いたくてしかたがないのですが、キャバリアにするかシェルティーにするか迷っています。
どちらにせよ、愛情をかけて飼わないとですね。

また遊びに行きますね。

見にきたよ♪

名刺もらったのでのぞきに来ましたよv-238
素敵な家具じゃないですか☆
そして、その家具の下の敷物。あれはキリムですかv-236
子供の学習机・・・。真剣に考えています。
あと畳ベッドも。小学校の高学年に子供部屋をリフォーム
して、机も導入しようかと思ってます。
またお話聞かせてくださいねv-22

ようこさんへ

いらっしゃい!ありがとう!!
とっても嬉しいです^^

キリムもご存知でしたか~。なかなかインテリアの達人ですな。
無垢家具はけっして安い買い物ですはないですが、洋服などと違って、本当に一生ものになるよ!
「豊かな暮らし」は、物の数を増やすのではなく、質を上げる事だと思います。(金額ではない)
一過性の道具にならずに、ずっと使い続ける事ができるか・・・。そこも物を増やす事の、大事なポイントになると考えています。

まずお店で現品を見て下さい。
きっと気持ちのいい空気感を感じてもらえると信じています。
そこから、じっくりと考えて下さい。
私は本当に気に入ってもらったものしか売る事が出来ません。

訪問してくれて、本当にありがとう。

No title

もし自分がこんな風に家具が作ることが出来たなら
・・・などと妄想してしまいます(^^)

7月のオープン予定なのですね♪
お店のご近所では、なにやらお店が出来てるぞ?と
噂になってるのでは?

花壇のほうも、とっても楽しみです(^^)/

あねもねさんへ

こんにちは!コメントありがとうございます。

ドアを交換した事で、ちょっと様子が変わってきて、たまたま私を見つけた知り合い等から、「あそこで何やってんの??」と聞かれるようになってきました^^
面白い意見に「保養所かと思った」なんてのもあります。あはは!
7月9日にオープン予定ですが、早くも一カ月を切ってしまった・・・。どうしよう。
やる事があり過ぎて、優先順位が分からなくなってますが、まだまだ頑張りますよ~!

家具の製作はやっぱり難しいです。水平をとる事だけでも結構大変です。
機械もないと、なかなか綺麗には作れないけど、やってみると楽しいと思いますよ!
あねもねさんなら、なんなくやってしまいそうだけどな~。

花壇は期待しないで下さいね。どくだみの勢力が凄くて、ちょっと他の花は植えれそうにありません。
かなり素人です。

SPOONさん

力強さ、デザインと申し分ない作品
いつまでも残る作品だとお見受け
いたします。今後とも良い作品を
おつくりになってください。

マイスター

spoon rideさん、こんにちは^^

絵画に家具にクレイアート・・・・人間の“手”は素晴らしいですね。

職人技に年季が入ってきますと、繊細な仕事が出来るのですね。
日本にも、ドイツのようなマイスター学校や称号が流行るといいの
にな、と思うこの頃です。

素敵なお店になりそうですね。
木のよさ、木の文化を新たに創造する日本を応援したいです。

spoon rideさん、これからも、どうぞよろしく^^

笑って生きてんさんへ

こんにちは。コメントありがとうございます!

嬉しいお言葉、大変力強く感じます。
無垢材の存在感を殺さず、素直に生かすには、シェーカー教徒の概念が強く心に残ります。
彼らが創り出す家具の様に、全ての無駄をそぎ落とすのではないですが、その考え方は今の自分の生活にも、取り入れる要素が十二分にあります。
年輪の曲線を、直線をとる事でバランスが生まれ、主張しない存在感を生み出すように思います。

笑って生きてんさんにも、笑って生きる術を教えて頂いてます。

はなさかすーさんへ

お忙しいのに、コメントありがとうございます!

私の絵は、まったく絵画とは縁遠いです。ほんと、お恥ずかしい。
すーさんの絵は見た事がないので、すごく興味があります。

日本も農業に興味を持っている若者が少しずつ増えているようですが、職人の世界にもそうやって「格好いい」要素が入ってくればいいなと思います。
マイスターの称号が流行るといいですね。賛成!!!

お店の方は、すーさんと同じく一人リフォームなので、素敵なお店になるかはちょっと・・・
でも、居心地のいい空間にはなっているようです。
毎日、木と塗料の香りに和んでいます。

こちらこそ、これからも宜しくお願いします。
いつまでも「追っかけ」ます^^
非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

spoon ride

Author:spoon ride
いつかはspoonに乗せてもらう事を夢見る無垢家具web shopの小さなオーナーです。

物は少なくても豊かな暮らしを目指して。
子供に受け継いでゆける無垢の家具作りを、父と弟の三人四脚で進退を繰り返し頑張っています。

ご来店はリンク先
★★One story house★★
へどうぞ・・・

**コメント欄への書き込みで不適切な訪問者がいらっしゃる場合はこちらの判断により削除・拒否させて頂きますのでご了承下さいませ**

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。